新型コロナウィルスに対する考え方について

子育て家庭の保護者の皆さまへ

 2020年2月末に、新型コロナウイルスの感染防止のため、政府が大型イベント等の自粛、臨時休校休園を要請するなど日常生活に大きな支障がでています。
約10日が過ぎ、お子様やご家族様の健康、日々の過ごし方、これからの生活、お子様の教育や生活の様子など、今後についてご不安に感じられているご家庭もあるかもしれません。遊心では、家族がともに身近な自然から学ぶことで、お子様や皆様がよりよく生きていく、きっかけとなる場を作りたいと思ってきました。今回の「災害」にもあたるほどの状況の中、皆様に感染症等安全対策について方針をお伝えします。

遊心では現在、移動中の安全性も考慮して、公園や施設での親子イベントについては、都市部での活動が多いため見合わせをしています。今後の国や自治体の方針、社会情勢をみながら、安全第一に判断をいたします。なお、一部の親子クラスや活動及び、下記にご案内する遊びについては、以下の3点を前提としたもので継続しています。

基本3前提

 近距離接触がない
 閉鎖空間でない
 混雑や不特定多数の出入りがない

■様々な遊び・自然の中で、子どもも大人も心を落ち着ける

 今、ご家庭では休校休園等により、お子様が自宅にて過ごされている時間が多いかもしれません。時間的・体力的に難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、可能ならば「大切なお子様と過ごせる、とっておきの時間」と切り替え、時間や都合のつくときには、お子様と一緒に過ごしてみてください。ストレスがたまるようでしたら、室内の遊びや学習にとどまらず、「身近な場所」「家のまわり」「すいている公園」「散歩」など、外に少しだけでもでることで、気持ちが落ち着いてきます。

身近な自然遊びの例として、自然体験活動の仲間たちが、日々活動を行っているサイトを参考にしてください。(私も当初より関わっています)。五感を使った身近な場所でできる自然遊び、その他の団体の活動事例などを集約し随時更新しています。
(公社)日本シェアリングネイチャー協会 ハッピーラッキープロジェクト
https://www.naturegame.or.jp/about_us/staff_blog/happyluckynature/index.php

■新型コロナウィルス感染防止について

 様々に情報がありますが、政府要請から約10日が過ぎ、だいぶ整理されてきました。
遊心では感染防止に一番役立つのは、手洗いうがいと免疫力を高めることだと思っています。

  • ・外出先から戻った際は、手洗い、うがい、顔の周りを洗う、洋服荷物などのほこりをはたくなどして、室内に入ります。丁寧な手洗い、うがいを身につける良い機会です。
  • ・野外の人混みで、ものに触れた場合は、顔のまわりをできるだけ触れず手洗い消毒をします。
  • ・早寝早起きなどの生活のリズムを整え、食事と睡眠をしっかりととります。
  • ・体調がすぐれないと感じた場合は、無理に外出せず、検温をして様子をみます。(高熱が出た場合や体調が酷い時は新型コロナウィルスだけでなく、インフルエンザの可能  
  •  性もあります。かかりつけの病院に電話して指示を仰ぎましょう)
  • ・特に何もない場合は、戸外にて体を動かし、太陽を浴び、風を感じましょう。遊具で遊ぶことよりも、親子で追いかけっこをするだけでもよい運動になります。
  • ・このような状況が続く場合、一番無理をされるのがお母様です。お母様が倒れてしまうと、お子様、ご家族がとても心配不安になります。お母様も体調第一に、休む時はしっかりと休んでください。

■自然遊びイベント等開催時の安全指針

 遊心では、現在イベント等については、社会情勢を鑑み、3月末までの大人数で、不特定多数の参加者がいる、または不特定多数の方が出入りする場所でのイベントは中止・延期をしていますが、3前提をクリアした活動については、以下の対策を講じたうえで開催をしています。

【安全指針】
参加者様、スタッフの安全を第一に、安心して自然での体験・遊びができるように以下のことに留意し対策を講じ、十分な準備をしたうえで活動します。

  •  ・参加者様へ、咳エチケットや頻繁な手洗いなど感染対策をよびかけます。
  •  ・体調に不安がある場合、風邪の症状や発熱がある場合の参加は自粛いただきます。
  •  ・アルコール消毒綿を用意またはアルコール液設置するなど可能な範囲での対応をします(事前にアルコールアレルギーがないか確認します)。
  •  ・感染予防対策として、スタッフもマスク着用し、事前に検温をすませておきます。
  •  ・感染拡大等の状況によっては、開催中止の場合があることを伝えます。


また通常の遊心の安全対策は以下の通りです。

  •  ・スタッフは、MFAジャパン社チャイルドケアプラス(乳児から成人までの救急法ファーストエイド)の資格を取得及び定期安全研修を受講しています。
  •  ・安全対策マニュアルの設置し、リスク管理を行います。
  •  ・救急用品をスタッフ全員が携帯します。
  •  ・使用フィールドの利用申請許可や事前下見の実施し、リスクの把握に努めます。

■今後について

身近な自然遊びの方法や心が落ち着くちょっとしたアイデアなど、随時発信してまいります。
また、社会情勢を見ながら4月以降の自然遊び等の開催を検討・準備し、皆様にご案内できるようにと思っております。


すべてのお子様の心と体が健やかに成長し、どのような(困難を含む)環境においても「しなやかに自律」できる力をつけることができますように、そしてそれを見守る、保護者様、大人の方々が、心が落ち着いて、子どもといることに喜びを見出すことができますように。

2020年3月11日

一般社団法人遊心
代表理事
峯岸由美子